形状の特徴|オリジナルティシャツで他にはない服を手に入れる
ミシン

オリジナルティシャツで他にはない服を手に入れる

形状の特徴

パーカー

オリジナルパーカーを作る場合、まずはどんな形状のものにしたいか考えましょう。業者によって用意されているオリジナルパーカーの種類は異なりますが、大きく分けて3種類の形状があります。まず、プルオーバーパーカーというものは、一般的によく知られるタイプのもので、オリジナルパーカーでも多く作成されています。前面を開くことはできず、ティシャツのように脱ぎ着します。前面と背面に大きく模様を入れたオリジナルパーカーが作成できます。次に、ジップアップパーカーというのは、前面が開く作りをしていて、ジッパーがついています。脱ぎ着がしやすいという特徴がありますが、ジッパーがついている分プリントできる範囲に制限があります。オリジナルパーカーを作りたい場合、ジップアップパーカーだと胸元や背面へのプリントになります。ナイロンパーカーというのはジップアップパーカーと形状は同じですが、生地の種類が異なります。ナイロン生地でできているため軽量で料金が安いのがポイントです。
形状の他には、生地の厚みを選ぶことも忘れてはいけません。生地の厚みはオンスという単位で表されており、数字が小さくなるほど厚みが薄くなります。運動用として着用したい場合や、夏に着用するものを制作したいなら薄手の生地を選びましょう。厚みのあるパーカーの場合は生地が丈夫になるので、長く着用することができます。着用したい季節はいつなのか、インナーとして着たいのかなどを考えて選んでください。