イベント参加に欠かせないティシャツづくり

オリジナルティシャツで他にはない服を手に入れる

サンプルを確認する

ポロシャツ

オリジナルポロシャツの作成を依頼するときには、サンプルを確認することが大切です。サンプルを使ってサイズ感や印刷の仕上がりを確認することで、希望通りのものを作成できます。

もっと読む

形状の特徴

パーカー

オリジナルパーカーを作成する場合、形状や生地の厚みを選ぶことができます。ジッパーがついたものは前面が開くため脱ぎ着がしやすく、閉じられたタイプのものは印刷面が広いという特徴があります。

もっと読む

生徒の意見を取り入れる

服

クラスtシャツというものは、クラスが一体になるために大切なものです。デザインを考えるときには、そのクラスならではのスローガンやイラストを入れると効果的です。アイディアの募集や多数決を取って多くの人が納得するデザインにしましょう。

もっと読む

早目の依頼が大切

ウーマン

学校や会社でオリジナルティシャツを作ることが多くなっていますが、個人でティシャツ制作を依頼することも可能です。オリジナルティシャツを制作すると、他にはない自分だけのティシャツが手に入ります。例えば、お祭りや大会など大切なイベントの日にも、オリジナルティシャツを制作することで他よりも目立つことができます。このように、何かの日に合わせてティシャツを作りたいと考える場合に注意しないといけないのは、その日付に合わせて余裕を持った依頼をするということです。業者のホームページにはティシャツを納品するための目安になる日付が書かれていますが、トラブルが発生した場合には納品日に間に合わなくなることもあります。そうするとせっかくのイベントに制作したものが着ていけなくなるので、トラブルが起きたときにも対応できるように余裕をもったスケジュールの組み方を行ってください。トラブルが発生する場合の他にも、デザインを考えるのに時間がかかることがあります。多くの業者では入稿した後1週間ほどで納品を行っていますが、データが完成しないと作成できないため納品日に間に合いません。自分でデータを作る場合にも、早目早目に完成させるよう心がけてください。スケジュールを組むときには、もしもデータにミスがあった場合には修正を行うということを念頭に入れましょう。スケジュールを考えるということの他に注意するポイントは、注文する枚数が少ないとその分1枚あたりの料金が高くなるということです。1枚からでも利用できる業者なのか、料金はいくらになるのか確認してください。